マスコミが煽る“高齢者の自動車運転は「悪」”

高齢者が運転する自動車による交通事故が、マスコミで頻繁に取り上げられています。「ここのところ、こんな事故が多いなあ」とため息交じりにテレビ報道などをご覧になるシニアも少なくないと思います。
マスコミは、ある事件や事故が社会の耳目を集めると、それに類似の事件などをこぞって報道する傾向があるようにも感じられるので、「多い、多い」というけれど、本当にそんなに多いのだろうかという疑問が無きにしも非ずです。

確かに、高齢者が事故を起こす割合は高いが

そこで警察庁資料などにあたってみたところ、確かに高齢者の事故は、非高齢者に比べると発生割合的には多いようです。

図表1は、「年齢層別免許人口10万人あたりの死亡事故件数(平成28年)」ですが、最も事故件数が少ないのは30代の3.2件で、最も多いのが75歳以上の8.9件です。図表では、“シニアの運転はキケンだ!!”ということを強調するためか、ご丁寧にも、75歳未満の平均値との比較を目立たせています。75歳未満が3.8件なのに対して、75歳以上は8.9件ですから、『2倍以上、多く発生している!!!』というのが実態のようです。

図表1

 ただ、次の図表2にある通り、死亡事故件数自体は極めて若干の増加傾向ではあるものの、大きく増加しているというわけではないようです。平成18年が423件で、平成28年が459件ですから。この中で一番多かった平成26年の471件からは微減です。しかし、この図表にある通り、死亡事故全体に占める割合が右肩上がりで高まっています。

図表2

つまりデータを見る限り、高齢者の事故が“ここ最近、増えている”のではなく、死亡事故件数そのものが減少傾向にある中では、高齢者の事故が増えているわけではないのだが、目立ってしまうということのようです。
ただ、やはり、図表1でわかるように、「高齢者の運転は、(他の世代に比べて)事故につながりやすい」ということは、確かに問題だと思います。

どんな対策が望ましいのか

では、どうすべきか。
高齢者の免許返納を促進すべき、という意見もありますが、地方へ行けば、クルマのない暮らしは難しいということも理解できます。だから、「高齢者は運転するな」という議論は暴論だと思います。
また、そこまで暴論ではなくても、いろいろな予防策が提唱されていたりもします。どの対応策を聞いても、「これがベストだ」と思えるものはなかなか見当たりませんが、ひとつには、やはり「サポカー」を積極的に活用するのが近道なのではないかと個人的には思っています。何らかの条件設定をして、「年齢が75歳以上で、〇〇および××に問題がある場合は、△防止機能・■自動ブレーキ・etcの機能を備えた乗用車でなければ運転してはならない」みたいに規制するのが良いと思います。
オートマ限定ならぬ、サポカー限定ですね。
高齢者は判断を誤る危

険性がある(アクセルとブレーキの踏み間違いとか)。
高齢者は反射神経などが衰えている(とっさの行動が遅い)。
といったことが原因としてあるのなら、そこは自動車自体にサポートしてもらえばいいのではないでしょうか。衝突などを察知して自動で制動するクルマなら、踏み間違いも反射神経の衰えもある程度は補えるのではないでしょうか。
買い替えの費用はどうするんだ、とか、いろいろとご意見はあるでしょうが、ある程度は国が援助するなりしてもいいかもしれません。